その他のケア

できるだけ化粧品を減らすアイテムの選び方!賢く出費を抑えて毛穴ケアをしよう!

できるだけ化粧品を減らすアイテムの選び方!賢く出費を抑えて毛穴ケアをしよう!
ケアナちゃん:笑う
ケアナ
いらっしゃい!毛穴ケアをしたいけど、出費をできるだけ減らしたいと思っているのね?

そんなアナタにピッタリな記事よ!ぜひ読んでい行って。

化粧品代にかける平均的な出費

化粧品代にかける平均的な出費

毛穴をケアする化粧品は、クレンジング、洗顔、化粧水、美容液、乳液、クリーム、日焼け止め、ファンデーション、ピーリング、パック、フェイスマスク…とたくさんあるよね。

驚き
ケアナ
すべてのアイテムを購入していくとかなりな出費に!

しっかりと毛穴はケアしたいけど、できるだけ出費は抑えたい…と言うのが本音よね。

世の女性が1ヶ月にかける化粧品代の平均は3,000円から多くても5,000円なのだそう。思ったほどかけていない感じ。

プチプラ化粧品も多く販売されているので、うまく取り入れているのでしょうね。

最近のプチプラ化粧品のクオリティは以前に比べると格段に良くなっているけど、安さだけで選ばずしっかり成分をチェックしよう。

安いにはそれなりの理由があるし、配合成分のグレードもあるからあまり聞いたことのないメーカーのものは注意が必要よ。

当サイトでも成分内容を吟味してみて、例えば美容液なら3,000円〜10,000円くらいの価格帯のものにオススメなものが多いわ。

ケアナちゃん:注意
ケアナ
1アイテムだけで1ヶ月にかける化粧品代の平均価格を突破しちゃうわね!

高い化粧品はやっぱりいいの?

良い成分が配合されていると、やはり価格もお高くなってくるわね。

品質の高い成分の方が良い働きをしてくれるから、やっぱりお高い化粧品に軍配が上がる。

ただ、かなり特別な成分が入っている場合は別だけど、10,000円以上の化粧品は無駄な出費かなとは思うわ。

それくらいの価格になると成分もそう大差ないので、容器や広告など化粧品の品質に関係のない部分での差でしかなくなるの。

目の前の化粧品がナゼこの価格なのかをしっかり見極めることも大切。

ケアナちゃん:注意
ケアナ
とはいえ、成分表示見ても長ったらしいカタカナ名が並んでいてよくわかんないよね。

当サイトでは、いろんな化粧品を成分分析して分かりやすく説明しているからチェックしてみて♪

無駄な出費を抑える基本

無駄な出費を抑える基本

化粧品を選ぶって難しいと思っている人が多いよね。自分の毛穴に合う化粧品に出会えないってよく聞くもん。

無駄な出費を抑えるために、基本的なことを言います。

自分の毛穴に合った化粧品に出会えないのは、自分の毛穴に合った化粧品を選んでいないから。

よく商品レビューを見て思うんだけど、皮脂分泌の多い脂性肌の人が油分の多い美容液を使ってニキビができたと騒いでいたりするのよ。

敏感肌だと長々アピールしているくせに、植物系エキスが多かったり刺激になりやすい成分が入ったのもを選んでいたり。

驚き
ケアナ
そりゃそうなるでしょ!って思わず突っ込みたくなるんだけど…。

そう、ケアの仕方や化粧品の選び方が間違っているの。

まず、自分の毛穴の状態を理解して、どういうケアが必要なのかを知らないと、無駄に化粧品を試し歩いて無駄な出費を繰り返すことになる。

アナタの毛穴はどんなトラブルがあるの?その悩みによってケアの方法は違うわ。

ケアナちゃん:通常
ケアナ
まだよく分からないという人は、まずコチラでタイプを割り出そう。

アイテムの選び方

アイテムの選び方

アナタの毛穴にはどんなケアが必要かをハッキリさせたら、ようやくアイテム選び。

毛穴のケアを中心にあげてみるとアイテムはザッと12種類

クレンジング・洗顔・化粧水・美容液・乳液・クリーム・日焼け止め・ファンデーション・ピーリング・酵素洗顔・パック・フェイスマスク。

アイメイクやリップなどは省かせてもらうわね。

アイテム選び

12アイテムすべて揃えると、ものスゴイ金額になるわ…(怖)。アイテムを厳選していかないとね。

クレンジングと洗顔

クレンジングと洗顔はあまりケチって欲しくないアイテム。毛穴を清潔に保つアイテムですので、しっかりした成分で落とせるものをチョイスしよう。

1つでクレンジングと洗顔ができる商品があるけど、クレンジングと洗顔は役割が違うので、当サイトとしては分けたほうが良いと考えています。

W洗顔すると刺激になるのは本当だけど、毛穴に汚れを残す方がリスクが高いわ。

化粧水と美容液

化粧水と美容液は、当サイト的にはどちらか1つに絞っていいと考えているの。

アナタの毛穴ケアに合った成分が配合されていれば、あとはお好みの使用感で選ぼう。

皮脂が多く水溶性の保湿が足りない角栓・黒ずみ・開き毛穴や脂性肌の人には化粧水が向いているし、年齢肌が気になるたるみ毛穴であれば、美容成分の多い美容液が向いているわ。

乳液とクリーム

乳液とクリームもどちらか1つでいいわ。肌の乾燥状態で選ぼう。

乾燥がヒドいたるみ毛穴や乾燥肌にはクリーム系が効果的だし、皮脂分泌の多い角栓・黒ずみ・ニキビ・開き毛穴や脂性肌には乳液を少なめでいい。

オールインワンは?

1つで化粧水・美容液・乳液・クリームがまかなえるオールインワン。お値段も安いものが多くて出費を抑えるには持ってこいのアイテム。

特に肌トラブルを持たない10〜20代まではオールインワンで十分だと思うわ。

ただ、お肌の曲がり角となる20代後半からは、肌の変化に合わせた微調整が必要になってくるの。

例えば日によって油っぽかったり乾燥したりとゆらぐ肌に合わせて、美容液やクリームの量を調整する必要が出てくるわ。

オールインワンは最初から一定量混ざりあっているから、そういった微調整ができないの。

だから肌に合わせて化粧品の利点を上手く使い分けていくには別々がオススメ。

ピーリング・酵素洗顔・パックなどの角質ケア

角質ケアのピーリングやパック、酵素洗顔などもどれか1つで十分で。

頻繁に角質ケアすると逆に自然なターンオーバーを乱して肌を荒れさせてしまうから、多くても週に1回ペースで肌に刺激になりにくいものを選ぼう。

スペシャルケアのフェイスマスク

フェイスマスクは週に1回のご褒美として毛穴や肌を整える成分の配合されたものを選ぼう。

フェイスマスクまでは…という人には、今使っている化粧水や美容液でコットンパックしても十分!

日焼け止め

かなり重要なアイテムなのが日焼け止め!これは絶対外してはいけないし、ケチっちゃダメよ。しっかり紫外線をカットするものを選んでね。

できれば紫外線吸収剤ではなくて紫外線散乱剤タイプをオススメするわ。紫外線散乱剤の方が肌に負担をかけずしっかり長時間紫外線を予防してくれるの。

ただ、ベタつきがあったり白浮きすることもあってメイクがよれるという難しさはあるけど、肌の負担を考えたら絶対オススメ。

ファンデーション

ファンデージョンも毛穴の目立ちを隠したり、日焼け止めの役割もあるから、ケチらないように。1日つけ続けているものだから余計によ!

節約ポイントはココ!

…というように、化粧水と美容液、乳液とクリーム、ピーリングなどの角質ケア、フェイスマスクなどが節約のポイントになるわ。

節約ポイントはココ!

これで12アイテムから8アイテムまで減らせるわね!あ、フェイスマスクをコットンパックに変えたら7アイテムか。

●クレンジングと洗顔で肌を清潔に保つ。
●化粧水か美容液で、保湿と美容成分を補う
●乳液かクリームで、肌を柔らかく整え、水分の蒸発を防ぐ
●ピーリング・酵素洗顔・パックのどれかで週ペースの角質ケア
●日焼け止めで紫外線による肌への悪影響を防ぐ
●ファンデで毛穴を隠し、紫外線から肌を守る

まぁ正直これ以上減らすのは難しいな。

毛穴を若々しく目立たない肌を維持していくために化粧品でできることは、肌を清潔に保つことと、肌の潤いを保つこと、紫外線を予防することの3つよ。

ケアナちゃん:注意
ケアナ
この3つを外すととたんに毛穴が荒れてくるからね。

ライン使いした方がいいの?

クレンジングからクリームまでといったラインシリーズで販売されているものが多いよね。

アイテムそれぞれの特性を活かしながら、トータルケアができる構成になっているから、そういう意味ではアナタの毛穴に必要な成分がトータル的に合致していたら、わざわざ他のメーカーにする必要はないわ。

ケアしたい毛穴次第で、どっちでもいい。

通販とかで多いのはラインで購入すると安くなる場合もあるし、定期購入したらさらにお得になるしね。

まずは毛穴を綺麗にする事が1番だけど、いろいろ工夫してお得に試せる方法はいくらでもあるはずよ♪

まとめ

新しく出る化粧品を片っ端から試していく人がいるけど、アナタはそんな無駄な出費をしないでね。

確かに成分との相性が人それぞれあるから、使ってみないと分からない部分はあるわ。

だけど、自分の毛穴の状態である程度の取捨選択はできると分かってくれたと思います。

まずは、毛穴の状態を把握することが一番。そしてどんなケアが必要なのかを洗い出す。

すると必要なアイテムがハッキリしてくるから、そこからもう一度見直してみてね。

このサイトを見てもらえれば、

●毛穴の問題をハッキリさせる
●必要なケアを洗い出す
●ケアにオススメのアイテム商品の紹介

までわかるようになっているので、ぜひ参考にして欲しいわ。

ケアナちゃん:笑う
ケアナ
アナタの毛穴悩みが1日でも早く解決する事を願って、大丈夫ビームを送るわ♪ビビビ〜(笑)

-その他のケア
-

© 2021 女神のケアナ