おすすめサプリメント

陶器のように毛穴が目立たない肌になりたいなら必要な栄養素をサプリで摂れ!

陶器のように毛穴が目立たない肌になりたいなら必要な栄養素を摂れ!

本当の毛穴ケアというのは、毛穴を支えている肌が健康で若々しさを維持できるようにサポートすること。

それは身体の外側から行うスキンケアだけではなく、身体の内側からのケアがものスゴく重要なの。

ケアナちゃん:笑う
ケアナ
この記事での議題は、はいドーン!

「陶器のように毛穴が目立たない肌になりたいなら必要な栄養素をサプリで摂れ!」

毛穴を目立たなくするには、食べることがどんなに重要か、どんな栄養素を摂る必要があるのかをお伝えしよう!

体の内側からの毛穴ケア

体の内側からの毛穴ケア

まずは下の図をみて。これは肌の断面図です。

肌の断面図

肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層でできています。

私達が一生懸命に化粧品でケアしているのは表皮の「角質層」です。

体の外からのケアでは、肌の土台である「真皮」には今のところアプローチすることはできません。

ケアナちゃん:注意
ケアナ
肌全体のたった0.0数mmしかケアできていないってこと!

紫外線や肌の老化によって「真皮」の健康が維持できず、ドンドン薄くなっていくと肌はハリツヤを失い、毛穴は開いてシワやシミなどもできやすくなります。

そう、毛穴の悩みを根本的にケアしたいのであれば、体の内側からのケアもしっかりしないといけないのです!

体の外側からのケア + 体の内側からのケア

ケアナちゃん:通常
ケアナ
この両方のケアを同時にしていくことで、美しい毛穴が維持できるの。

どうやって体の内側からケアしていくのかというと、肌の土台である「真皮」を健康に維持するために必要な栄養素を食事やサプリメントで取っていくこと。

例えば、

  • 身体をつくる栄養素を摂る
  • 肌のハリを保つ栄養素を摂る
  • 肌の健康を保つ栄養素分を摂る
  • 抗酸化作用がある栄養素を摂る
  • 腸内環境を整える栄養素を摂る
  • 血行を良くする栄養素を摂る
  • メラニンを抑える栄養素を摂る

…などの栄養素を摂ることで体の中からケアをしていきます。

ケアナちゃん:通常
ケアナ
じゃあ、どんなものを食べれば摂れるのか、ざっと食べ物をピックアップしてみよう!

身体をつくる栄養素

身体をつくる…というか肌をつくるのに必要な栄養素です。この栄養素がしっかり摂れていないと、いくら化粧品でケアしても、毛穴や肌は改善しないの。ダイエットなどで一番抜きがちよね。いくら痩せても肌が汚いと美的ではないわ!

タンパク質 生ハム・鶏ささみ・牛モモ肉・豚ロース・イワシ・いくら・卵・納豆・きな粉・チーズ・牛乳 など
ビタミンB1 豚ヒレ・豚モモ・ソバ(乾)・マグロ(赤身)・玄米・枝豆・絹豆腐 など
ビタミンB2 レバー・うなぎ・ブリ・モロヘイヤ・牛乳・納豆 など
ビタミンB6 カツオ・マグロ(赤身)・豚ヒレ・鶏ささみ・バナナ・さつまいも・玄米 など
ビタミンB12 カキ(貝)・アサリ・ホタテ・シジミ・サバ など魚介類 など
ナイアシン 鶏むね・鶏ささみ・たらこ・マグロ(赤身)・サバ など
パントテン酸 鶏レバー・鶏ささみ・たらこ・アボカド・モロヘイヤ など
葉酸 鶏レバー・モロヘイヤ・ほうれん草・ブロッコリー など
ビオチン レバー・卵・ししゃも・アサリ・シイタケ・ピーナッツ など

肌のハリを保つ栄養素

肌のハリを保つ真皮を維持するために必要な栄養素はコレ。

コラーゲン 豚足・鶏皮・手羽先・フカヒレ・魚皮・ウナギ・プリン・杏仁豆腐 など
アミノ酸 カツオ・マグロ(赤身)・鶏モモ・納豆・豆腐・油揚げ・みそ など
イソフラボン 納豆・豆腐・油揚げ・きな粉 など

肌の健康を保つ栄養素

肌を健康に維持するために必要な栄養素はコレ。

ビタミンA うなぎ・レバー・牛乳・チーズ・卵 など
βカロチン ニンジン・カボチャ(緑黄色野菜) など
ビタミンC ブロッコリー・ゴーヤ・いちご・ミカン・レモン・キウイ など
ビタミンE アーモンド・ウナギ・ツナ缶・モロヘイヤ・カボチャ・アボカド・ヒマワリ油・べにばな油 など
セラミド こんにゃく芋・米・小麦・乳製品・大豆・ほうれん草・トウモロコシ・牛乳 など
亜鉛 カキ(貝)・うなぎ・豚レバー・牛肉・納豆・卵・チーズ・アーモンド など
必須脂肪酸 牛肉・サバ・サケ・イワシ・キャノーラ油・大豆油・オリーブオイル・くるみ など

抗酸化作用がある栄養素

肌の老化を進行させる酸化を抑える栄養素はコレ。

ビタミンC ブロッコリー・ゴーヤ・いちご・ミカン・レモン・キウイ など
ビタミンE アーモンド・ウナギ・モロヘイヤ・カボチャ・アボカド・ヒマワリ油・べにばな油 など
ポリフェノール コーヒー・紅茶・緑茶・プルーン・赤ワイン など
ミネラル 牛肉・わかめ・昆布・ひじき・桜エビ・納豆・牛乳・ナッツ類 など
βカロチン ニンジン・カボチャ・モロヘイヤ・大根葉 など

腸内環境を整える栄養素

腸内の環境が悪いと、肌に必要な栄養素を摂っていても上手く吸収できなかったり、不要なものを排出できなくなって、肌の調子が悪くなるの。便秘な時に肌の調子が悪くなるのは、腸内環境が悪いせい。わりとこの原因は見逃されがちなので要注意!

食物繊維 玄米・大豆・おから・納豆・そば・こんにゃく・干しシイタケ・ごぼう・ひじき・わかめ など
発酵食品 納豆・醤油・味噌・漬物・ヨーグルト・甘酒 など

血行を良くする栄養素

血行が良くないと、肌に必要な栄養素が細胞にしっかり届けられません。あなどれない成分よ!

ビタミンE アーモンド・ウナギ・ツナ缶・モロヘイヤ・カボチャ・アボカド・ヒマワリ油・べにばな油 など
レバー・マグロ(赤身)・しじみ・あさり・納豆・ほうれん草・ツナ缶 など

メラニンを抑える栄養素

シミや日焼けなどを予防する栄養素がコレ。

ビタミンC ブロッコリー・ゴーヤ・いちご・ミカン・レモン・キウイ など

まとめ

毛穴を身体の内側からケアしたいなら摂りたい栄養素を挙げてきました。

レバーやブロッコリー、牛乳など栄養のある食材がかぶっているものもいくつかあるわ。

扱いやすい食材を上手く組み合わせて、食事でしっかり栄養素を摂ることができれば理想。

でも実際は大変よね。いつもの食事で不足している成分を補うためにサプリメントを利用しよう。

ケアナちゃん:注意
ケアナ
でも、決してサプリメントを飲むだけで大丈夫だとは思わないでねっ!

当サイトでオススメのサプリメントをご紹介する準備をしているので、もうしばし待っていて!

-おすすめサプリメント
-

© 2021 女神のケアナ